フーモのピザと読書と大学選び

パルテノン神殿の歴史や問題点など

TOP PAGE

パルテノン神殿の歴史

パルテノン神殿とは、古代ギリシア時代にアテナイのアクロポリスの上に建設された神殿です。アテナイの守護神であるギリシア神話の女神アテーナー祀っています。建設が始まったのは紀元前447年で、完工したのは紀元前438年ですが装飾等は紀元前431年まで行われたと言います。



古代において、宗教的建造物は高台に立てるのが一般的で、それは権威を高める効果をもたらしていました。しかしこの神殿は完全な建築ではなく紀元前480年のペルシア戦争にて一度は破壊されたのち、再建されることになります。再建された神殿は多くの神殿と同じくデロス同盟、そして後のアテナイ帝国の国庫として使用されました。



6世紀になると神殿はキリスト教にとりこまれ、生神女マリヤ聖堂なります。1460年代初頭のオスマン帝国の占領後はモスクへと変えられ、神殿内にはミナレットが設けられました。1687年9月26日になると火薬庫として使用されることになるのですが、ヴェネツィア共和国の攻撃によって炎上し、酷い損傷を受けます。1806年には彫刻類が持ち去られてしまうなど数々の不運に見舞われ、現在もギリシア文化・観光庁の手によって修復や保全などが行われているのです。

パルテノン神殿を作った人は誰か?

パルテノン神殿は古代ギリシア時代にペリクレスによって建設された神殿です。当時神殿を始めとした宗教的建造物は高台に建てる権威を高める効果をもたらすとされてきました。紀元前5世紀中頃にデロス同盟が成立し、神殿が建てられたアテナイは文化的な中心を担っていました。



当時政権を掌握していたペリクレスは現存するプロピュライア、エレクテイオン、アテナ・ニケ神殿といったアクロポリスの丘に建てられた神殿は全てこの時代に建てられたものだと言います。パルテノン神殿は彫刻であるペイディアスの指導で建設が行われました。彫刻装飾は彼の手で施されたものです。施工が開始されたのは紀元前447年で、建築家イクティノスとカリクラテスによって行われました。



施工が終了したのは紀元前432年とされていますが、装飾に関しては紀元前431年まで継続されました。パルテノン神殿建設に関する支出明細の一部が現存しており、それによると使用された大理石はアテナイから16キロ離れたペンテリコン山にあるもので、運送に多額の経費が掛かり、この資金の一部を賄うために、紀元前454年にデロス島からアクロポリスに移されたデロス同盟の宝物が宛がわれたという話があります。

パルテノン神殿の観光と問題点について

パルテノン神殿は古代ギリシア時代にアテナイのアクロポリスに建設された神殿です。建設が始まったのは紀元前447年で、完工は紀元前438年に終了しましたが装飾などは紀元前431年までに行われていたと言います。世界的な文化遺産として有名な場所であり、観光地として多くの観光客が訪れる場所になっています。



このパルテノン神殿は過去に戦いなどによって多大な損傷を受けたことからアクロポリス修復事業の一環として復興作業が行われてきました。1975年から始まった事業は終わりを迎えようとしており、今日に至るまで遺産として形を保ってきました。しかしこのパルテノン神殿にもまだ問題点が残っています。



それは先に触れたとおり観光地であることから、多くの観光客が訪れる点についてです。この神殿は年間100万人もの観光客が訪れるため、遺跡がすり減ってきていることで現在の形が保てなくなるかもしれないという問題が起きています。また観光客による落書き、ゴミなど訪問する人のマナー違反が増えている点も世界遺産を保つうえで大きな問題になっているのです。

パルテノン神殿の場所は?

パルテノン神殿は古代ギリシア時代に建造された神殿です。アテナイの守護神であるギリシア神話の女神アテーナーを祀っており、アテナイのアクロポリスの上にあります。2007年3月26日は正式にヨーロッパの文化遺産リストを卓越した遺産として発表された場所でもあります。



アクロポリスはギリシャに多数存在しますが、この場所はアテネの海抜150 mの平らな岩の上に立っており、その面積は3ヘクタールあると言われています。このアクロポリスは、1975年に修復事業が行われています。おり、目的としては経年劣化、汚染、戦争の寄り破壊や過去に間違った修復を直すためとされています。残った石などを集めて鑑定することで、出来るだけ元の素材を修復させようとする試みも時期に終了する目途がたっています。



この修復にはチタンの釘が使用されており、未来の専門家が変更する時のために完全に戻せるよう先を見据えた設計が施されているのが特徴です。現在は合計2675トンの建築部材が修復に成功しており、そのうち686個の石が現存のまま保存されています。905個も使用された新しい大理石は合計530立方メートルのピレウス産大理石が使用されたと言います。

Copyright (C) 2017 フーモのピザと読書と大学選び All Rights Reserved.

TOP
PAGE