フーモのピザと読書と大学選び

日本の焼き物は世界に誇れると私はひそかに思っています。

TOP PAGE

信楽焼とは

信楽焼といえば狸の焼き物が頭に浮かびます。それほどに有名な信楽焼なのですが信楽焼とは滋賀県甲賀市信楽地方にて産出される陶器のことを指します。日本六古窯に数えられる著名なものとなっておるのです。信楽焼の大きな特徴は素朴な土を感じうことができる風合いだと言えます。絵付けの商品が少なく釉薬の種類が多いものとなっています。灰かぶり、焦げなど多様なな色調と風合いが大きな魅力となっています。



信楽焼の土は古琵琶湖層の粘土層を利用しており信楽焼独特の感じはこの土から得られるものが大きいといえます。隣接する伊賀焼も同じ土質の陶土を利用しているため信楽焼と伊賀焼はよく似ているといわれているようです。



信楽焼焼きのもう一つの特徴は大物が多いということ、独特な乾燥技術や焼成技術などを挙げることができます。信楽焼の狸の焼き物は酒買い小僧と言われまるまると太った狸が編み笠をかぶり右手に徳利左手に通帳を持っているのが特徴で縁起物として喜ばることが多いものとなっています。今では信楽焼の代名詞ともなっており他の陶器にはこのような誰でもが知っているような代名詞は見当たらないことから珍しい存在だと言っても良いでしょう。

萩焼とは

萩焼は人気の高い陶器だとえいます。山口県の萩市および長門市などで産出される陶器を総称して萩焼といいいます。萩焼の始まりは豊臣秀吉の朝鮮出兵にまで遡ります。文禄の役、慶長の役において朝鮮より当時の毛利家当主である毛利輝元が朝鮮から連れて帰ってきて後に日本に帰化した陶工である李勺光と李敬の兄弟が開祖とされています。後に毛利家は萩へ本拠が移ることとなり萩藩の御用窯として大切にされてきました。



李勺光と李敬の兄弟は後に別の流派を編み出すこととなり、今で言う李敬が始めた松本萩と李勺光が始めた深川萩とに別れることになります。その流れは現在も前者は萩市で後者は長門市で窯が今でも伝えられています。萩焼は特に茶の湯に好まれており茶人好みの陶器だといいうことが出来ます。萩焼の特徴は陶土と釉薬の塩梅によって生じる貫入と言われるものと、使い込むことで味が出てくる七化けにあります。

全体的に萩焼は地味なイメージが有るのですが、そこがまた深い味わいがあるということで根強いファンが多いことでも知られています。そのため、現在も多くの窯元が市内には存在しているのです。

萬古焼とは

萬古焼は三重県四日市市の地場産業となっています。陶器と磁器の中間的な意味合いを持つ半磁器という分類に入る陶磁器の一つとなります。四日市市の市指定文化財となっています。萬古焼で有名なのは土鍋と急須だといえます。特に土鍋に関しては国内の7割以上のシェアを占めています。発症は江戸時代の中期と言われており桑名の豪商であった沼波弄山が異国を空想で思い描いた陶器だったといいます。萬古焼の萬古は後世に永遠と受け継がれることを願うという意味だと言われています。萬古焼の特徴は自由な作風にあります。



焼き方も形も何もとらわれないということが基本で、このあたりも当時の日本にはない自由感が伺えるものだと言えます。逆に大きな特徴は萬古の印があることが特徴と言われるほど多種多様に広がっている陶器だといえるのです。現在も四日市市と菰野町を中心に100以上の窯元があります。2016年に行われたG7先進国首脳会議、いわゆる伊勢島サミットにおいて、食事会の乾杯の際に使用された盃は萬古焼だったそうです。このように今では日本だけでなく世界にも販路を広げようとしているのが萬古焼なのです。

笠間焼とは

笠間焼は茨城県の笠間市で産出される陶器のことを言います。1,770年代の江戸中期に始められたと言われており箱田村の久野半右衛門が信楽焼の技術を取り入れた事により始まったと言われています。笠間焼の特徴は自由な作風にあります。それでいて江戸時代からの伝統も引き継いでいる部分もある。



そこが笠間焼の魅力だと言っても良いでしょう。装飾の技法も笠間焼の特徴で釉薬の流し掛け、重ね描き、青すだれ、窯変といった技法が特徴です。笠間焼は当初より日常的に使用する雑器として人気があり、特に明治期においては大量生産をする機会ができ飛躍的に笠間焼に携わる人が増えたと言われています。



笠間焼の陶土は笠間粘土や蛙目粘土と言われるもので出来ており、粘りっこく粒子が細かいという特徴があります。そのため、焼き上がりが丈夫なものとなり日用的に使われる陶器として一世を風靡したのです。笠間焼は良い意味で特徴がないと言われいます。自由度が高い陶器だと言うことが、そう言われる所以だと思われます。現在も実用的で形式にとらわれない自由度の高い作品が多いのが特徴となっているのです。

Copyright (C) 2017 フーモのピザと読書と大学選び All Rights Reserved.

TOP
PAGE